e-経営コンサルタント通信ではリストラ・資金繰り・経費削減などの問題を経営者の視点で吉岡憲章が経営コンサルティングいたします。

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃儲┃か┃る┃会┃社┃に┃    やろうぜ再建!破産夜逃げにならぬ為に!
┣━╋━╋━╋━╋━╋━╋━┳━┳━┓    経営プロデューサーレポート
┃し┃よ┃う┃じ┃ゃ┃な┃い┃か┃!┃    2008.6.25 Wed. vol.395
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今月(6月)のホームページ◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 □吉岡憲章のコラム 
   『未来事業の経営体質抜本的改革の方法』『非常事態に対応する!』
   →→→ http://www.mirai-j.co.jp/

 □経営者のための健康情報
   『青梅から新発見のムメフラールとは』『血流改善効果あり!』
   →→→ http://www.mirai-j.co.jp/health_c.htm

◆目次◆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 01:【経営発展のヒント】       任せてよろしいか                       
 02:【銀行を貸す気にさせるテクニック】再建するには未来を語ること     
  03:【経営者のための食生活講座】   第1回「高血圧」その2              
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃01┃経営発展のヒント      『任せてよろしいか』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 先般“名ばかり管理職”のテーマで書かせていただいたところ多くの皆様から
さまざまなご所感をいただいた。心から感謝申し上げたい。
“名ばかり管理職”の対語として“名ばかり経営者”というのもある。

 私が思う“名ばかり経営者”とは、次のふたつ。
まず、“経営者の責任や仕事”とは何かの意識がなく、現場で作業員・販売員の
代わりをしている“無意識社長”。そして“任せれば育つ”とばかりに何でも社
員に任せてしまう“お任せ社長”だ。

 部下を育てるには、部下に権限と責任を委譲しなければ育っていかないことに
まちがいがない。といって、“部下の力や意識レベル”とかけ離れた委譲をすれ
ば、部下はつぶれてしまい、何の成果も出さないということは至極当然のことだ。
部下の意識レベルとは、“経営意識”とか“目的意識”と言ってもよい。

 そこで、経営者として大事なことは部下の“意識”がどのようなものかを見抜
くところにある。
 これを、見抜く方法で私が尺度にしているのは、例えば営業であればその営業
マンが自分の売上目標をどのように設定するか、ということでわかる。

 社長が設定したい彼の売上目標高に対して、大きく下にずれているようであれ
ば、任せることができるものはほとんどない。手取り足とりで、意識面から技術
面まで再指導しなければならない。

 社長の設定目標に近ければ、彼は意識面において、社長に近いものを持ってい
ると考えてよい。ドンドンと仕事を任せることだ。
 社長の設定よりも高すぎる場合の彼は、パフォーマンス優先の性格の持ち主か
もしれない。目標を高くできる根拠について話し合うのがよいだろう。

 もしかして、社員の多くが社長の目標設定よりも高い場合は、社長自身の経営
者意識に問題があるのかもしれない。再度自分の経営者としてのこころの立て直
しをすることだ。

 このように、経営者との意識のずれが小さい社員から責任と権限を順次委譲し
ていく、これが“仕事を任せる”ということなのだ。このずれを見抜いてからの
“任せる”でなく単なる“お任せ”では社員も成長しないし、会社も伸びない。

 さらに、成長していく社員に負けないように社長自身が率先して自分自身の経
営者意識を高める努力を続けることだ。

                 【経営プロデューサー  吉岡 憲章】

★★★★皆様のご意見をお待ちしております→ mailto:hanjou-1@mirai-j.co.jp

    
◆――◆吉岡 憲章著 最新作 「社長の器」 全国の書店にて販売中◆――◆

・タイトル  「社長の器」(会社を伸ばす社長、つぶす社長の見分け方)
・出版社   PHP研究所
・定価    1,200円(本体)
・発売    全国書店店頭、アマゾンなどのITショップ

[参考]

吉岡憲章著「社長の器」の詳細につきましては、下記URLをアクセスください。

アマゾン    http://www.amazon.co.jp/
PHP     http://www.php.co.jp/bookstore/               

◆―――◆ 『未来・経営ナビゲーション ご購読のご案内』!! ◆―――◆

  あなたが願う会社の姿とは?

  あなたの夢の実現に役立つノウハウを、当社のコンサルが豊富な実体験を
  基に執筆します。
  起業から再建、さらに発展まであらゆる局面において不可能を可能にして
  きた未来流経営戦略。

  ※購読料として、1,000円(一年分、送料込み)を頂戴いたします。

  ご購読希望の方は、こちら → mailto:m-info@mirai-j.co.jp

  1.会社名 2.役職・部署 3.お名前 4.ご住所 5.TEL 6.FAX
  ※ご希望の方は、「件名」に「未来ナビ 希望」 と明記ください

◆◆―――――――――――――◆◆◆◆◆◆―――――――――――――◆◆

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃02┃銀行員を貸す気にさせるテクニック『再建するには未来を語ること』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ある4月決算企業から、決算書作成について相談を受けた。この経営者から、思
ってもみない発言。「顧問税理士が銀行から融資を受けるためには利益を出した
ほうが良い。在庫を調節したほうが良いのではないか」とのこと。この税理士事
務所、地元では有名な税理士事務所だ。銀行からも、4月期利益が出なければ、
融資が出来なくなると言われていた矢先。どうにか、利益を出そうと、一生懸命
頑張ったが、決算書を締めて見ると結局、赤字。融資を受けられなくなると大変
だ、どうしようと思い税理士に相談。結果、税理士から経営者には暖かいお言葉、
これで、利益が出ると一安心だ。

企業から相談を受けたときには、決算書を見ながら決算修正(粉飾)について質問
することにしている。決算書を時系列にならべ、なおかつキャッシュフロー分析
を行えば、大抵の決算修正を見破ることが出来るのだ。通常行われる決算修正手
段は、在庫の水増し・減価償却の未実施・架空売上などだ。「決算修正などで、
見栄を張っても仕方がないのだ。銀行の協力なくして企業の再建は無い。だから、
銀行にはうそを言ってはいけない。事実を話すように」と指導をしている。企業
再建においては、過去について語っても、何も生まれない。これからどうするか
が、必要となるのだ。

借入先の決算修正を銀行が見破った場合、信頼関係がなくなり今後の融資に、相
当に影響がでる。そして、信頼を取り戻すことは並大抵のことではない。銀行は、
うすうす決算調整をしていることを感じとっていても、中小企業には言わないも
の。企業側から、事実を言い出すことを待っているのだ。また、銀行が企業に決
算修正を指摘するときは、取引解消を覚悟、結果、倒産も視野にいれているはず
だ。

   決算調整を行っていたら、正直に全て銀行に話すことが必要。
     そして、これから、利益を出すためにはどのようにしたら良いか

を考えることが優先だ。銀行も、決算修正を見破ることが出来なかったこと、あ
るいは、決算修正をうすうす気づきながら融資をしていたことについて、後ろめ
たさがあるはずだ。

銀行は、赤字企業であっても、必死に頑張っている企業には支援をするはずだ。
決算修正などの姑息な手段を用いず、計画書をきちんと作成し、計画書に基づき
再生をはかるなど、正道を歩むことが必要なのだ。

               【未来事業・取締役チーフコンサルタント  奥山 孝司】

◆◆―――――――――――――◆◆◆◆◆◆―――――――――――――◆◆

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃03┃管理栄養士の一口講座  『経営者のための食生活講座1・高血圧』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

**高血圧 その2**

前回に引き続き、今回は高血圧の食事療法の大きなポイントとなる減塩対策に
ついてまとめてみた。

【なぜ、食塩の摂りすぎがいけないのか?】
食塩を摂りすぎると血液中の塩分濃度が高くなるが、食塩中のナトリウム(Na)
が、塩分濃度を下げるために水分を取り込む事により、血液量が増え血管を圧
迫し血圧が高くなる。体の中で塩分が溜まるということは一緒に水も溜まり、
血液量が増えるということになる。

【減塩対策】現在、日本人の平均食塩摂取量は12g〜13g/日である。    
厚生労働省の健康づくりのための食生活指針で、食塩の摂取量は1日10g以下が
望ましいとなっているので、摂り過ぎ傾向にある。
高血圧のある人は1日6〜8gを目標にする。無理な減塩は長続きしないので、
様々な工夫が必要である。

・酢や柑橘類(レモン、すだち、ゆずなど)を使う。
・香辛料(こしょう、カレー粉、唐辛子)を使う。
・だし(昆布の食物繊維のアルギン酸は消化管の中のナトリウムを吸収して体
 の外に排出する)をきかせる。
・醤油は直接かけない。(小皿にとる習慣を)酢醤油にするなど。
・食塩を体外へ排出するカリウムが多く含まれている果物や野菜を多く摂る。  
(リンゴ、メロン、スイカ、バナナ、トマト) 

<こんなことに要注意!!>
・ソースの往復かけ(キャベツにソースかけないで)
・味もみないで醤油をかける(出来るだけ食べ物の本来の味を味わうように)
・味噌汁好き(一日1杯にすること。)
・丼物好き(カツ丼よりカツ定食に。丼物は塩分きついので)
・ラーメン好き(ラーメンよりタン麺に野菜が多い点で○、汁は残すのが鉄則)

日常のちょっとした工夫で気軽に減塩が出来るので、意識的に行うようになれば、
血圧を下げる効果も期待できる。

                  【未来事業・管理栄養士 吉岡 美保】 

◆――――◆ 『トロール船式会社発展法 小冊子』無料進呈! ◆――――◆

  吉岡憲章の『経営者』として、また『コンサルタント』としての、
   生きた経験が詰まった『トロール船式会社発展法』小冊子。
  メルマガ読者の方にプレゼントいたします。

  申込み方法は、こちら → mailto:m-info@mirai-j.co.jp

1.会社名 2.役職・部署 3.お名前 4.ご住所 5.TEL 6.FAX をご記入の上
 ※ご希望の方は、「件名」に 「小冊子 希望」 と明記ください
◆お問い合わせ・お申し込み◆――――――――――――――――――――――

 お問合せやお申込は必要事項をご記入の上、下記へご連絡ください。

 1.会社名 2.役職・部署 3.お名前 4.ご住所 5.TEL 6.FAX
 
  こちら → mailto:m-info@mirai-j.co.jp
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
【発行者】 未来事業株式会社 経営プロデュースオフィス 代表 吉岡憲章
【本 社】 東京都新宿区西新宿7−8−2 福八ビル6F
【主要業務】経営プロデュース(経営改革・発展の指導支援) 講演 執筆
【MAIL】mailto:hanjou-1@mirai-j.co.jp 【URL】http://www.mirai-j.co.jp
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆

Copyright (c) 2003-2008  未来事業株式会社 All rights reserved.   Produced by i-pocket