e-経営コンサルタント通信ではリストラ・資金繰り・経費削減などの問題を経営者の視点で吉岡憲章が経営コンサルティングいたします。

 

  ┏┿儲かる会社にしようじゃないか!━━━━━━━━━━2012/6/27━━━━┓
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
  ┏┫   ┏┫★ 社 長 の 夢 を 現 実 に!★┣┓           ┣┓
  ┃┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ ┃
  ┗━┛ ┌╂┘元気・やる気・利益┌╂┘Vol.595       発行部数 50,926部
          
                          【吉岡憲章経営プロデューサーレポート】
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

おはようございます!
経営プロデューサー 吉岡憲章です。ご存知“常識破りの再建請負人”です。

 先週は最近の気候不順を示すような、6月としては8年ぶりの台風の襲来やそれ
に続いた豪雨のお陰で、私の地方巡業の足に大きな影響を受けました。一方で全
国を回っていますと“日本って広いなぁ!”とつくづく思います。四国で大雨で
も仙台では快晴なのですからね。

 さて、厳しい経営を強いられている企業の社長は例外なく大変な思いをしてい
ます。当面の資金繰りにてんてこ舞いをしていたり、資金のない中でどうやって
生産対応や販売増加をすればよいだろうか・・・と苦労の種はつきません。

 さあ、この状態から脱出するためにどこから手を打ちましょうか。
そこで、まず社長がやることは「社長の行動を社員たちにみせる」ことに他な
りません。口はいりません。社長がこれまでとは変わったということ、真剣に利
益追求や売上確保に、そして原価低減・経費削減にぶつかることです。

 ただし、これを社長一人でやってはいけません。かならず担当者を同伴させる
ことです。それによって社員は“社長の真剣さ”を目の当たりに見ることができ
ます。この姿を社員が見て『自分も社長のように頑張ろう』と思うでしょう。

「真剣に取組む社長の姿を社員に見せること」これが厳しい経営に直面している
社長がまずやらねばならない優先順位第1位だと思います。

 さて、今回は“大変厳しい経営状態になっても活路がある”ことについて、
当社の“資金繰りレスキュー隊長”の金融コンサルタント松本長久が、具体的に
説明をいたしましょう。

★★★ 本当に破産しか方法はないのでしょうか ★★★

 金融円滑化法の期限が1年を切り、金融機関が取引先の選別を始めております。
リスケジュールを何度も延長してきた企業はもとより、不良債権予備軍と考えら
れている会社も、相当な覚悟で経営改革に臨まなければとても企業を存続させる
ことは難しくなっています。

 そのなかで破産を考えられている企業があるならば、再度検討されることを強
くお勧め致します。

 破産による信用の失墜は無限大です。いままで何十年と築き上げてきたものが
一瞬で全て無くなってしまいます。まして新たに会社を設立して事業を継続する
ことを考えているとしたならば、ほとんどの場合は上手くいきません。

 仕入先が取引を停止することはもちろん、売り先である顧客からも取引を打ち
切られてしまいます。破産して楽になるという考え方はあまりにも安直というも
のです。

 さらには日本の社会では破産するのにもお金がかかります。会社の負債の総額
に応じて裁判所に予納金を積まなければならず、またそれと同程度の弁護士費用
が前金でかかるからです。

 この手続きをしなければ、いわゆる夜逃げになります。
その場合は新しく会社を起して事業を継続することなど、できるはずがありませ
ん。お金がなければ破産もできないのです。

 そこでもう一度状況を見直ししてはいかがでしょうか。専門家に相談すれば方
法はいくらでもあるのです。例えば会社を分割するというやり方があります。

 旧会社と新会社に合理的な算定により資産と負債をそれぞれ継承させるやりか
たです。何年か前までは資産だけ新しい会社に引き継ぐという強引なことも行わ
れていました。しかしながら現状では債権者の同意が必要となっており、判例で
も勝手に分割は出来ないことになっています。

 会社を分割することにより引き継ぐ事業に関する資産と負債を合理的に引き継
ぐならば、場合によってはかなりの負債の圧縮になります。また債権者(主とし
て金融機関)にしても破産により全て回収できなくなることよりは、新しい会社
で一部でも返済が可能であるならば、それは同意できる可能性があります。

 破産を考える前に是非私どものような再生の専門家に相談されることをお勧め
いたします。

                 (資金繰りレスキュー隊長 松本 長久)
               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  いかがでしたか?

 最悪の状態になった時に、相談をする相手を間違えますと、必然性もないのに
破産に誘導されてしまう場合がありますので、くれぐれもご注意ください。

 早急に収益力アップに取組みましょう。多くの中小企業の経営者の方々が、真
剣に相談に見えております。
  資金繰りそして収益力アップをするためにどうしたらよいか、分からないこと、
悩んでいることがありましたら、ご遠慮なく問い合わせください。

収益向上・融資・資金繰り・黒字転換などに関するお問合せ先
⇒ http://www.mirai-j.co.jp/form.htm

                   【経営プロデューサー  吉岡 憲章】

◆――――◆未来“元気が出る常識破りセミナー”です ◆――――◆ 

 私「常識破りの経営プロデューサー吉岡憲章」が多くの修羅場で、陣頭に立ち
指揮をとり続けてきた実体験に裏づけされた独特の解決手法を伝授しましょう。
経営者の悩み“資金繰り”を克服し“収益力をアップ”させ“元気”と“やる気”
が出るセミナーです。セミナー後、個別のご相談コーナーも予定しております。

『経営力アップ秘伝シリーズ 2』      7月26日(木)16:00〜
         1. 利益創出戦略のすすめ
         2. 金融円滑化終了に備える 

『一年で儲かる会社にしようじゃないか』   8月28日(火)16:00〜
         1. 経営改革100日戦争
         2. 資金繰りと金融戦略

◆実践・収益力アップ未来セミナー内容◆

1.中小企業を取巻く経済環境

2.金融円滑化法終了が中小企業の息の根を止める
  1)“実抜計画”の高い壁を乗り越えるには
  2)“計画未達”は命取りになる
  3)円滑化法を利用しない企業も他人事ではない
  4)劣後ローンの利用で救われる可能性の検討

3.儲かる会社にするために
  1)わが社の経営力はどのレベル?
  2)いざ“100日戦争”に突入
  3)改革三原則をわきまえる

4.収益力をアップさせる
  1)リストラの追求と実行
  2)経営のスピードアップをはかる
  3)こうすれば経費削減ができる
  4)“下がらぬ原価はない”粗利増加の決め手
  5)“顧客償却の法則”によって売上目標を達成する

5.効率的な営業戦略の展開
  1)顧客が求めるものは何か
  2)“提案営業”とはこういうこと
  3)営業マンを増やさずに売上を上げる
  4)攻略先の落とし方
  5)営業マンに何をさせるか

6.資金繰りと金融戦略
  1)金融機関への融資要請はこうする
  2)融資審査への効果的対応
  3)銀行マンの特性を知る
  4)銀行の手の内は?
  5)資金調達の具体的な方法              

   ◆場所:ハロー会議室 新宿                
    ◆会場住所:東京都新宿区西新宿1-5-11 新宿三葉ビル6F
               (JR新宿駅西口から徒歩1分)
    ◆会費:5.000円
     吉岡憲章著 PHP研究所発行「社長の器」ほかプレゼント
     お問い合わせ先:03-3367-8732 (担当:松本 塩島)

    詳細ページ: http://www.mirai-j.co.jp/sikinguri_seminar.htm
     お申し込み: http://www.mirai-j.co.jp/seminar_form02.htm

  ぜひ、会場でお会いできることを楽しみにしております! 吉岡 憲章
 
◆――――◆新企画「健康セミナー&ヘルシー手作りランチの会◆――――◆ 

医食同源 社長の仕事は健康への挑戦、食生活は経営者の健康とひいては経営の
安定発展のためにおろそかにはできません。

そこで経営者、ご家族、社員の方々に「健康にまつわるセミナー」を開催、その
後未来事業 管理栄養士 吉岡 美保 が監修し、作った手作りランチを食べる
会を企画しました。メルマガ会員の購読者には参加費の割引き特典があります。

 第1回『ストレスに打ち勝つ体づくり』   7月24日(火)11:00〜

  ◆場所:福島工業(株)ショールーム テストキッチン
   ◆最寄り駅:JR浅草橋駅 徒歩5分
   ◆参加費:未来メルマガ購読者 ¥5.000 (一般参加者 ¥7.000-)
   ◆共催:「清話会」       ◆調理:学生農業団体SOLA

    詳細ページ: http://miraihonpo.com/miho-seminer/
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは吉岡憲章および未来事業スタッフとご縁をいただきました方々、
ご推薦・ご紹介をいただきました皆様のみに配信させていただいております。
  なおご不要の場合は、お手数をおかけいたして恐縮でございますが、巻末にあ
ります「配信解除」をクリックしていただきますようお願い申し上げます。

     ◆――――◆今月(6月)のホームページ◆―――――◆

 □吉岡憲章のコラム 
『金融円滑化法来年3月まで延長』『しかし再生の見込みのない企業は法的整理へ』
    →→→ http://www.mirai-j.co.jp/

 □経営者のための健康情報
『今が旬のズッキーニを食べよう!』『低カロリーでダイエット、糖尿病に効果』
    →→→ http://www.mirai-j.co.jp/health_c.htm

        ◆――――◆◆――――◆◆――――◆

※メルマガ配信解除※
  
   お手続きはこちら→→→ http://www.mirai-j.co.jp/melmaga.htm
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
【発行者】 未来事業株式会社 経営プロデュースオフィス 代表 吉岡憲章
【本 社】 東京都新宿区西新宿7−8−2 福八ビル5F
【主要業務】経営プロデュース(経営改革・発展の指導支援) 講演 執筆
【MAIL】 hanjou-1@mirai-j.co.jp 【URL】 http://www.mirai-j.co.jp
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆



Copyright (c) 2003- 未来事業株式会社 All rights reserved.   Produced by i-pocket