月日  2020年4月11日
 時間  11:15〜13:30
 試験内容 アクセス検証
使用機器/バーチャル1000systemによるアクセス測定
 試料  外部持込、TEXT・HTML各1
 結果 一般設定 5000配信 ⇒ 283アクセス
 場所・担当者  HEG/秦野 村井



                         検証用 外部持込資料
                                 No.3351








未来事業WEBサイト







融資や補助金手続きしたいが、

どこから手を付ければいいのか 困惑している経営者様
すぐご連絡ください。



★NEWコロナ対策最終手段!さらなる大財政出動検討か?★

新型コロナウイルス感染症の発生により影響を受けられました皆様方 に、心よりお見舞い申し上げます。
政府の未来投資会議で、安倍総理大臣は新型コロナウイルスの影響を 受ける中小企業が民間の金融機関から無利子で融資を受けられる制度 などを緊急経済対策に盛り込む考えを示しました。

新型コロナウイルスの影響で資金繰りが悪化している中小企業を対象 に、政府系金融機関は先月から無利子での融資を行っていますが、窓 口が混み合って貸し付けが滞っています。
政府は地方銀行などでも同様の融資をできるようにするほか、中 小規模の事業者の倒産や廃業を防ぐための給付金を創設することを明 らかにしました。

融資や補助金手続きしたいが、どこから手を付ければいいのか困惑し ている経営者様すぐご連絡ください! 新型コロナウイルスによりお困りの中小企業者様、未来事業が無料に てご相談にのらせていただきます。是非ご利用ください!



 

中小企業庁





情報が錯綜していてどこから手を付けて良いのか?
どの融資や補助金を選択すれば良いのか?

困惑している経営者様すぐに下記「緊急資金繰りメール相談」をご利用ください!



 

無料「緊急資金繰りメール相談」お申込み







 

 






 





2020年4月3日 「未来投資会議」

【2020/04/03 に公開】
政府の未来投資会議で、安倍総理大臣は新型コロナウイルスの影響を受ける中小企業が民間の金融機関から無利子で融資を受けられる制度などを緊急経済対策に盛り込む考えを示しました。
安倍総理大臣発言:「民間金融機関で日本公庫と同一の実質無利子・無担保、最大5年間、元本返済据え置きの融資を受けることができるようにする」
新型コロナウイルスの影響で資金繰りが悪化している中小企業を対象に、政府系金融機関は先月から無利子での融資を行っていますが、窓口が混み合って貸し付けが滞っています。安倍総理は地方銀行などでも同様の融資をできるようにするほか、中小規模の事業者の倒産や廃業を防ぐための給付金を創設することを明らかにしました。





 








 











資金繰りメール相談














    PDFをご覧になる場合は、Adobe Readerが
必要となります。お持ちでない方は下記バナ
ーよりダウンロードしてください。